banner112

ニュース

さまざまな病気に使用される人工呼吸器のタイプは異なります。一般的に言えば、いびきのある患者にはシングルレベル自動換気装置が使用されます。肺疾患用の2レベルのSTモード人工呼吸器。より複雑ないびき患者の場合は、バイレベル人工呼吸器を使用する必要があるかもしれません。さまざまな病気に使用される人工呼吸器のタイプは異なります。の複数のモードがあります 非侵襲的ベンチレーター。次に、ベンチレータのモードについて説明します。自分の状況に応じて、自分に合った非侵襲的な人工呼吸器を選ぶことができます。

人工呼吸器には、次のようなCPAP、S、T、S / Tモードがあります。

1.人工呼吸器のCPAPモード:持続的気道陽圧モード

CPAP:持続的気道陽圧モード-持続的気道陽圧、患者は強い自発呼吸を持ち、人工呼吸器は吸気と呼気の段階で同じ圧力を提供して、患者が気道を開くのを助けます。これは主に、OSAS閉塞性睡眠時無呼吸症候群、強い自発呼吸、および人工呼吸器による補助がほとんどない患者に使用されます。トリガーなし、切り替えなし、人体は自由に呼吸し、圧力は一定の圧力に制御され、吸気フェーズと呼気フェーズの圧力は等しくなります。呼吸補助(圧力サポートは0)+圧力制御は、より一般的に使用される非侵襲的モードです。生理学的効果は、PEEP(呼気終末陽圧)と同等です。機能的残気量を増やし、コンプライアンスを改善します。吸気電力消費を減らし、トリガーを改善します。上気道開放状態を維持する。

2.換気装置のSモード:

自律換気のSモード自発呼吸モード---自発呼吸モード、患者は自発呼吸している、または人工呼吸器をトリガーして自律的に換気することができ、人工呼吸器はIPAPとEPAPのみを提供し、患者は呼吸頻度と吸気比/吸気時間を制御します自発呼吸が良好な患者または中枢性睡眠時無呼吸の患者向け。自発呼吸トリガー:人工呼吸器と患者の呼吸頻度は完全に同期しています。患者の自発呼吸が停止すると、人工呼吸器も機能しなくなります。圧力制御(定圧):吸気ベンチレータのプリセットIPAP(吸気気道陽圧)圧力を維持し、呼気ベンチレータのプリセットEPAP(呼気気道陽圧)圧力を維持する流量スイッチ、補助呼吸+圧力コントロール、および比較的一般的な非侵襲的なモードです。

ST3
ST1

3.換気装置のTモード:

時間換気モードT時間制御モード-時間制限時間制御モード、患者は自発呼吸がないか、または人工呼吸器を個別に換気するようにトリガーできません。人工呼吸器は患者の呼吸を完全に制御し、IPAP(正の吸気相気道圧)、EPAP(呼気相気道陽圧)、BPM、Ti(吸気時間/呼気時間比)。このモードは主に自発呼吸がない患者や自発呼吸能力が弱い患者に使用されます。時間トリガー:人工呼吸器は事前設定された頻度で動作し、患者の自発呼吸と同期していません。圧力制御(定圧):吸気ベンチレーターでプリセットIPAP(吸気気道陽圧)圧力を維持し、呼気ベンチレーターでプリセットEPAP(呼気気道陽圧)を維持圧力時間切り替え:呼吸+圧力制御、非侵襲モードはめったに使用されません。

4.人工呼吸器のS / Tモード:

autonomous/time ventilation mode S/T Spontaneous/Timed automatic switching mode --- Spontaneous/Timed automatic switching mode. When the patient's breathing cycle is less than the period corresponding to the backup ventilation frequency, it is in S mode; when the patient's breathing cycle is greater than the backup ventilation frequency, it is in T mode. Automatic switching point: the period corresponding to the backup ventilation frequency such as: BPM=10 times/min, breathing cycle=60 seconds/10=6 seconds, then the ventilator waits for 6 seconds, if the patient can trigger the ventilator within 6 seconds, the ventilator It is S working mode, otherwise it is T mode. This mode is the most commonly used and is used for various patients. a. The spontaneous breathing triggers when the spontaneous breathing frequency>preset frequency of the ventilator. The ventilator and the patient's breathing frequency are fully synchronized. The pressure control flow rate is switched. b. The spontaneous breathing frequency<time of the ventilator preset frequency. The ventilator triggers in advance. The set frequency working pressure control time switching assist/control breathing + pressure control is a commonly used non-invasive mode.


Post time: Jul-14-2020